出石まちづくり公社
 商業の中核をなす商店街で空き地や空き店舗を目にするようになってきました。一方で出石町には年間100万人を超える観光客が訪れています。そんな中、町民による「まちづくり」活動が盛んになってきました。 そしてさらにその活動を発展させるため、民間の活力と発想を生かし、出石町の将来を展望した「まちづくり」に貢献することを目指して誕生したのが「出石まちづくり公社」です。
出石散策SPOT 出石まちづくり公社直営店めぐりお土産・観光案内・レンタサイクル、出石永楽館、そば処・など出石散策をお楽しみください。
写真をクリックすると詳細ページが開きます。
出石観光ガイドのお申し込みはこちらから
レンタサイクル・車いす申込用紙はこちらから
いずし観光センター ハーブショップ香りの城 びっ蔵
出石 永楽館 いずしトラベルサービス 旅籠 西田屋
辰鼓楼



旅籠 西田屋 好評!

国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)となっている豊岡市出石町の町家が、
宿泊施設として生まれ変わり、このほどオープンいたしました。
出石永楽館や伊藤清永美術館にほど近い立地で
城下町の新しい観光の拠点として注目を集めています。
詳しくはこちらから

近畿地方に現存する
ただ一つの大衆芝居小屋



1901年(明治34)建設に建設された、
都市劇場建築の芝居小屋です。
明治後期から昭和初期にかけて、
但馬の大衆文化の中心として栄えました。
独特の赤茶色の土壁と大きな切妻壁、
14間半(約26m)の長い壁面、
そして太鼓楼が印象的な姿を表します。
内部・外部ともに建設当時の様子が比較的よく残り、
廻り舞台、奈落、花道、すっぽんといった
貴重な劇場機構など
、明治期に残る芝居小屋としては
近畿地方に現存する唯一のもの、
建設当初と同じ場所に残る劇場建築としては
国内最古のものとされています。
近代日本の大衆芝居小屋として
、今も残る貴重な舞台衣裳や
上演記録とともに歴史的価値は
非常に高く評価されています。
平成18年より復元工事を進め、
平成20年の夏、完成いたしました。
その?落公演として片岡愛之助さんを
お迎えして大歌舞伎公演を開催いたしました。
連日連夜の大入り満員で、
永楽館は大変にぎわいました。

芝居小屋のある城下町出石
重要伝統的建造物群保存地区
(文化庁)に選定されました。
(平成19年12月4日)

●〒668-0214 兵庫県豊岡市出石町内町104-7 
●TEL.0796-52-6045/FAX.0796-52-5900

E-Mail : info@izushi-tmo.com