豊岡市指定文化財 出石 永楽館 いずし えいらくかん
〒668-0234 兵庫県豊岡市出石町柳17-2 TEL.0796-52-5300

 ●利用料金
 ●見取り図



 ●利用料金
 ●利用のしおり
 ●申請書ダウンロード
 ●平面図ダウンロード











明治34年 出石城下に常設の芝居小屋が開業。出石城主仙石氏の家紋「永楽銭」にちなみ名称を「永楽館」とする。太鼓櫓から「本日興行あり」の太鼓を打ち鳴らしたという。

明治39年 出石初午祭で歌舞伎の昼夜2回興行をし、大入り札止めの盛況を呈す。

明治〜大正間 歌舞伎興行を中心に、剣劇、壮士劇、新派劇、寄席、政談演説会場としてにぎわう。

大正年間 第1次世界大戦、活動写真(映画)興行が多くなる。

昭和5年 映写室設置。

昭和6年 映画はトーキー(音声の出る映画)に変わっていく。この頃、治安維持法の下で、警官の臨監席が設けられ、思想娯楽の検閲・統制が厳しくなる。

昭和20年以降 映画上映が中心となる。昭和26年から映画はカラーの時代になる。
舞台では地方劇団の他、花菱アチャコ劇団、宝塚歌劇団、歌舞伎の又一郎一座等が来演。

昭和39年 テレビ普及、娯楽の多様化などにより閉館。

平成20年 平成の大改修により復活。


〜出石 永楽館とは?〜




●明治期に建設された
 近畿地方に現存する最古の芝居小屋

1901年(明治34)建設に建設された都市劇場建築の芝居小屋です。明治後期から昭和初期にかけて、但馬の大衆文化の中心として栄えました。独特の赤茶色の土壁と大きな切妻壁、14間半(約26m)の長い壁面、太鼓楼が印象的です。

内部・外部ともに建設当時の様子が比較的よく残り、廻り舞台、奈落、花道、すっぽんといった貴重な劇場機構など、明治期に残る芝居小屋としては近畿地方に現存する唯一のものとされています。

平成20年7月に復原工事が完了し、現在は一般公開(有料)されています。

*豊岡市指定文化財(H10.4.28指定)

復原工事の記録はこちら



当ウェブサイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。